世界初のバーチャル学会終了報告とアンケートのお願い!

世界初のバーチャル学会、JapanXR Science Forum 2020 in Midwestにご参加されました皆様ありがとう御座いました! 参加者は合計1000名以上となりました。参加人数の目標は達成されました。皆様、ご案内頂きありがとうございました。嬉しい事に、シカゴ大学、ノースウェスタン大学(エバンストンおよびシカゴ)からもプレゼンテーションアワードが出ました (https://www.japanxr-science-forum.org/)。

さて、参加登録された皆様はアンケートのメールを受け取られたと思います。学会後、記憶も新しい内にこのアンケート回答を宜しくお願いします。全体アンケートと症状アンケートがあります。症状アンケートに関しては『症状が無かった方も』是非お答え頂けると幸いです。私の概算では3分から5分程度で回答できます。アンケートに答えたら第一回 Japan XR Science Forumの参加証が授与されます。

米国・日本から参加された研究者、そのご家族の回答は、このアンケートでは肝となるPopulationのデータとなります。参加国の違いから生まれる身体への影響を評価します(主に時差など)。本学会のアンケートによる評価が、今後開かれる学会や類似のミーティングへの改善のための貴重でかつ、最初の比較的規模の大きいデータとなります。

皆様、少しお時間を頂きご回答願えればと思います!


JapanXR Science Forum学会プログラム完成

JapanXR Science Forum 2020 in Midwestの口頭発表者も確定し、学会プログラムが完成しました(https://www.japanxr-science-forum.org/program)。2人のノーベル賞受賞者(大隅良典先生およびTorsten N. Wiesel)のビデオレターも上映予定です。
 繰り返しになりますが、科学の面白さを次世代に伝えるため、子供科学教室も開きます(https://www.japanxr-science-forum.org/science-school)。今回はさらに、国立科学博物館の協力によりバーチャルリアリティー会場で博物館展示品を紹介する運びとなりました。
 通常学会の様に、企業展ブースもあります。バーチャルリアリティー会場ではアバター添乗員によるポスターツアーもあります!科学に興味がありそうな、お知り合いやご家族にもお伝え頂き、ご参加願えますと幸いです。

まだ、仮想現実世界でポスター発表のチャンスあります。ポスター登録 (https://forms.gle/zamiuP7va6inHzW87)

高田望 
JapanXR Science Forum 大会長・運営委員 (nozomu.takata@northwestern.edu)
ノースウェスタン大学日本人研究者の会 幹事 (NUJRA; https://nujra2020.wixsite.com/home)
Japanese Researchers Crossing in Chicago (JRCC) 代表 (http://jrc-c.blogspot.com/)
UJA正会員 (https://www.uja-info.org/)

会場7つありますので、添付の当日タイムテーブル(日本時間)参考になればと思います。

JapanXR Science Forum ポスター演題 締め切り間近!

本学会では目玉として、大隈先生を含め2人のノーベル賞受賞者のビデオレターを学会当日に公開します!さらに、Human Frontier Science ProgramのPresidentの長田先生からも応援メッセージを頂きます。

さて、ポスター締め切り間近です。論文になった研究のポスターもしくは、どんな研究なのか自己紹介ポスターもOKです。数学、物理、化学、生物に限らず、政治・経済なども含めて広く募集してます。参加者は日本および海外留学している人とその家族、さらに多くの協賛企業の会社の方も含まれます。

イメージも文字もシンプルな方がインパクトあるかと思います!Poster Awardを狙って下さい。それと自分のポスターをバーチャルリアリティーの世界で見るまたとないチャンスです!奮ってご応募下さい。

JapanXR Science Forum 2020 in Midwest ポスター演題登録 (https://forms.gle/zamiuP7va6inHzW87)

大会長挨拶 (https://www.japanxr-science-forum.org/greetings)

ご質問はご連絡はノースウェスタン大学 高田望まで(nozomu.takata@northwestern.edu)


Japan XR Science Forum 2020 in US Midwest 抄録登録フォーム

Japan XR Science Forumでは通常の学会と同じように抄録集を作成します。その中に口頭発表者の要旨集も入れます。既に口頭発表者として登録された方は要旨をこちらのフォームより記入願います(6月30日締め切り)。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdS2p6ggVOJvqpw_hBas-N3p8Qjnyzbhf5Tc1oM0JveU7ea_w/viewform

ご質問はご連絡はノースウェスタン大学 高田望まで(nozomu.takata@northwestern.edu)

バーチャルリアリティー技術の可能性を追求した新しい形式の学会

COVID-19の下、オンライン技術の可能性を追求した新しい形式の学会Japan XR Science Forum 2020 in US Midwestが参加費無料で開催されます(https://www.japanxr-science-forum.org/)。
米国で定期的に開催されている「The Japan-US Science Forum」および「Midwest conference」がオンラインで合同化し、オンラインの為に最適化された会場で「細胞 X 最新技術」「免疫・アレルギー X 皮膚」「留学のすゝめ」「異分野交流」「親子科学教室」セッションが開かれます。バーチャルリアリティー(VR)会場では、通常学会とオンライン学会の良さが交配された空間が実現しました。

本学会では主に以下の発表がなされます。
· 米国を含む海外で世界最先端の研究を推進する若手日本人研究者による発表
· Cheiron-GIFTS(研究者家族留学支援イニシアチブ)採択者のVR贈呈式
· COVID-19 の影響で科学に触れる機会が少ない米国、日本在住の子どもたちのための夏の科学教室

【開催日時】2020年7月11⽇⽶国中部夏時間(土曜)17:00-22:00/12日 (日曜) ⽇本時間7:00-12:00
大会長高田望 (ノースウェスタン大学日本人研究者の会 (NUJRA)、JRCC代表, UJA所属)
【登録方法】学会ウェブサイト (https://www.japanxr-science-forum.org) より参加登録可能ポスター演題登録(https://forms.gle/zamiuP7va6inHzW87)
【会場】Zoom会場/VR会場/Youtube会場

主催:⼀般社団法⼈/⽶国NPO法⼈海外⽇本⼈研究者ネットワーク(UJA)、NPO法⼈ケイロン·イニシアチブ
共催:ノースウェスタン⼤学⽇本⼈研究者の会 (NUJRA)、Eureka Science School、⽇本医療研究開発機構(AMED)
後援:在シカゴ⽇本国総領事館、アメリカ⼤使館、科学技術振興機構(JST)、XR Partner: VR法⼈HIKKY
協⼒:MPUF (Microsoft Project Users Forum) 、東京⼤学バーチャルリアリティ教育研究センター、株式会社メディプロデュース
⼀般社団法⼈ASG-Keio、免疫アレルギー疾患研究10か年戦略次世代タスクフォースENGAGE、慶應義塾⼤学殿町タウンキャンパス
協賛:インディアナ⽇本⼈会連携団体、ミシガン⾦曜会、UC-Tomorrow、Indy-Tomorrow

プレスリリース情報